システム開発の虎ノ巻

プロマネ初級者必見!システム開発の鉄板ノウハウをいつでも使える形に!徐々に充実させていきます!

<要件定義のポイント>小さく生んで大きく育てる

f:id:tsunetsune7:20200118153908j:plain


要件定義工程は、ユーザーが最も自由に「あれもこれも欲しい」と我がままを言える工程です。なので、ユーザーの要望を出来るだけ叶えたいという気持ち自身は大事ですが、お互いにWin-Winの結果にするには、要件を絞りに絞ってコンパクトに開発することも時には大きな意味を持つことがあります。

これは一長一短なので、どういう形態で開発するのがベターなのか答えは出ませんが、例えば、新規開発の場合、最初から多くの要件を取り込んでしまうと、もちろん設計・開発・テストにかかるコストは増大しますし、運用保守にかかるランニング費用も膨らんでしまいます。今まで見たことのないシステムを開発するわけですから、業務に完全にマッチしたシステムができてくるとは限りません。(ユーザーはシステム開発のプロに委託しているのだから当然完璧なものが仕上がってくると思うわけですが、システムの現場を知っているみなさんはそうは思いませんよね。)そのため、使われない機能も出てきますし、使わなくても保守費は掛かってしまいます。それに、システム改修を行う際に、あまり使われない機能が関連してくるとそちらの修正工数もかかってきたりします。

ですので、逆に確実に業務にマッチしている部分やそのシステムの核(コア)となる部分の開発を本稼働させてから、その後必要に応じて拡張していくという計画を最初に立てておくのも有効な手立てになります。普通は、開発に充てる予算が決まっていて、その範囲内で詰め込めるだけ詰め込む、という姿勢が一般的なのかもしれませんが。それに、業務も生き物のように変化していったりするので、時間が経つにつれて最初に立てたシステム化計画が古くなって使えない、ということもありますしね。しかも、変化が速い時代ですし。だからアジャイル開発手法ってのが生まれてきたんですね。

ポイント

  • 必要最小限に毛が生えた程度の規模でカットオーバーし、必要に応じて機能拡張するのも有効な手法である。